« DI Containerの使い方 | メイン | 動作環境 »

2005年04月24日

ロードマップ

AttoContainer 1.0.0(2005年4月リリース済み)
コンテナから呼び出されるコンポーネントのプロパティが、設定ファイルのcomponents/component@nameと同じ名前であれば、自動的にcomponents/component@classで指定されたクラスのインスタンスをセット(DI) します。

AttoContainer 1.1.0(2005年4月リリース済み)
設定ファイルのcomponents/component/property@nameで指定されたプロパティにcomponents/component/propertyの値を初期値としてセットします。

AttoContainer 1.2.0-beta1(2005年4月リリース済み)
AttoContainerにAOPの機能を実装します。

AttoContainer 1.2.0(2005年5月中旬までにリリース予定)
AttoContainerにAOPの機能を実装します。

AttoContainerDao 1.0.0(リリース時期は未定)
AttoContainer用のData Access Objectフレームワークを提供します。

投稿者 sugimotokazuya : 2005年04月24日 12:04

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://attocontainer.sourceforge.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/5

コメント

コメントしてください




保存しますか?